刺繍ミシンのレンタル比較

刺繍ミシンは、本格的な刺繍が出来る機能が付いたミシンです。文字や数字、内蔵された刺繍模様などを刺繍することができます。ミシンによっては別売りのソフトを使ってオリジナルの刺繍イラストが作れるミシンなどもあります。

刺繍ミシンは出来上がりが非常に綺麗なので、クオリティ重視の方におすすめです。その分、準備や扱いなどは少し複雑となります。使用する糸も専用の刺しゅう糸が望ましいです。手間はかかりますが仕上がりの綺麗さを求める方が刺繍ミシンが良いでしょう。

このページではレンタル可能な刺繍ミシンを一覧で比較しています。刺繍ミシンのレンタルをしたい方は参考にしてみてください。

刺繍ミシンのレンタル機種を一覧で比較

ブラザーFE1000

ブラザー FE1000は様々な刺繍が出来る刺繍ミシンです。アルファベット5書体・かな3書体を内蔵。刺繍模様は合計56種類内蔵。刺繍だけでなく実用縫い機能も充実しています。

最安値 3泊4日 5,480円
店舗 ミシンレンタル屋さん
ミシンレンタル屋さん
レンティオ
Rentio
サイズ 27.8×39.5×17.5cm(刺しゅう機無し)
27.8×55.0×21.5cm(刺しゅう機付き)
重量 約6.2kg(刺しゅう機無し)
約7.5kg(刺しゅう機付き)
主な機能 刺繍機能、スーパー糸通し、自動糸切り、液晶画面
最大刺しゅうエリア 10×10cm
刺しゅう模様数 56模様

刺繍ミシンのメリット・デメリット

メリット 綺麗な刺繍が簡単にできる

刺繍ミシンのメリットはやっぱり綺麗な刺繍が出来ることです。設定さえしてしまえばミシンが自動で刺繍してくれるので気軽に綺麗な文字や模様を刺繍することができます。文字縫い機能だけが着いたような簡単なタイプのミシンとは仕上がりが段違いです。

デメリット 価格が高い、準備が少々大変

デメリットとしては、刺繍ミシン自体の金額がかなり高いこと。刺繍機能がついていたらどうしても値段は上がってしまいます。レンタルの相場も他の種類のミシンよりだいぶ高くなっています。また、準備は少々手間がかかります。刺繍枠に生地を張ったり、刺繍専用糸を用意するなど手順を正しく行わないとうまく縫えません。

クオリティ重視なら刺繍ミシンはぜひおすすめ!

クオリティ重視の刺繍をしたいなら、刺繍ミシンはぜひオススメです。簡単な文字縫いミシンなどとは明らかにクオリティが違う綺麗な刺繍が出来ます。価格の高さや準備の手間などはありますが、刺繍をするならぜひ刺繍ミシンを利用してみていただきたいです。きっと綺麗な出来に満足できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です