文字縫いミシンのレンタル比較

文字縫いミシンは、通常の家庭用ミシンに文字縫いの機能が付いているミシンです。子どもの持ち物に名前を入れたりする時などに便利に利用できます。

文字縫いミシンは準備が簡単で手軽に縫うことができます。刺繍ミシンで文字を縫う場合は刺繍枠に生地をはめたりセッティングしたりとかなりの手間がかかりますが、文字縫いミシンはそういった手間はありません。その分、刺繍ミシンのように綺麗な仕上がりにはなりませんが、手軽に文字を縫いたいだけという方には十分使えるでしょう。

このページではレンタル可能な文字縫いミシンを一覧で比較しています。文字縫いミシンのレンタルをしたい方は参考にしてみてください。

文字縫いミシンのレンタル機種を一覧で比較

ブラザー HS501

ブラザー HS501はひらがな、カタカナ、アルファベットなど約240文字が縫える文字縫いミシンです。通常のミシンとしての機能も十分。

最安値 3泊4日 4,280円
店舗 ミシンレンタル屋さん
サイズ 29.6×41.3×17.8cm
重量 約4.6㎏
主な機能 文字縫い、クイック糸通し、縫い目調整、液晶画面
ステッチ数 20

文字縫いミシンのメリット・デメリット

メリット 気軽に文字が縫える

文字縫いミシンのメリットはなんといっても気軽に文字が縫えること。刺繍ミシンのような刺繍枠も必要なく、設定一つで簡単に文字を縫うことができます。特に初心者の方は、刺繍ミシンの設定はかなり大変なので、文字を縫いたいだけでしたら文字縫いミシンの方が断然簡単でオススメです。

デメリット 刺繍ミシンと比べて仕上がりの綺麗さは劣る

デメリットとしては、やはり刺繍ミシンと比べたら仕上がりの綺麗さにかなり差があることです。特に文字縫いミシンで漢字などを縫うとかなり潰れて読みづらいことも多いです。また、刺繍ミシンだと書体が選べたりしますが、文字縫いミシンで書体などを選べるものは少ないです。

子どもの小物に名前を入れたいなどの用途にはピッタリ

文字縫いミシンは、子どもの小物に名前を入れるなどの、ちょっとした用途にはピッタリのミシンです。入園入学の時にバッグや巾着に名前を入れるといった時は文字縫いミシンが活躍してくれるでしょう。半面、綺麗さは刺繍ミシンに劣るので、仕上がりを重視した刺繍がしたい場合は本格的な刺繍ミシンを利用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です